2021年4月 6日 (火)

22ft High Side Gondola (2)

ディテールにこだわらずに完成させました。D&RGWのゴンドラカーのショーティーといったところでしょうか。数両ほしくなるところですが残念ですがすでに絶版です。

Dscf7393

| | コメント (0)

2021年4月 1日 (木)

22ft High Side Gondola (1)

もう絶版になっていますがStoney Creekさんのフリーの貨車を組んでいます。箱タイトルにあるようにOn30として設計されていますが、もちろん当方ではOn3で仕上げる予定です。レーザーカットされたバスウッドの車体にグラント製のプラ部品を組みつけていく構造です。ステークポストがプラ製、側板がバスウッドで色合いがうまく合うか心配しましたがそれなりにあっているようです。

Dscf7390

| | コメント (0)

2021年3月20日 (土)

20ft ゴンドラ再登場

飽きもせず同じネタで遊んでいます。Foothill Model Worksさんの20ftゴンドラです。どうも仕上がりが気にいらず再塗装して積み荷も搭載しました。また飽きなければいいのですが...

Dscf7389

| | コメント (0)

2021年2月20日 (土)

Drop Bottom Gondola 700 Series (2)

目論見通りにKadeeカプラーNo.803を取り付けることができました。

Dscf7387

| | コメント (0)

2021年2月16日 (火)

Drop Bottom Gondola 700 Series (1)

組みあがった800シリーズと一緒に塗装仕上げをしようと700シリーズの組み立てを始めました。こちらのキットは1976年発売のものです。当時On3用のKadeeカプラーはまだ未発売でしたのでまずその取り付け準備から着手しました。Kadeeカプラーを取り付ける場合純正のカプラーポケットを組みつけられるようにしてあげた方が当然動作はスムーズです。そのためフレームを大きく切り欠きました。これを失敗するとお蔵入りになる可能性も高いので緊張しましたがまあまあの出来でほっとしました。

Dscf7385

 

| | コメント (0)

Drop Bottom Gondola 800 Series (2)

組立て終了です。諸般の事情で台車はSan Juan Car Company製に交換してあります。この車両は素直にオリジナルのD&RGWレタリングで仕上げようと思っています。

Dscf7384

| | コメント (0)

2021年2月 9日 (火)

Drop Bottom Gondola 800 Series (1)

グラントラインの表題のキットを組み始めました。以前組んだ700 SeriesはOn3用KDカプラー発売以前だったためカプラー取り付けでは追加工が必要だったところですが、800 Seriesは1985年に1stロット発売とあってKDカプラー取り付けの準備がされていました。ちょっと得した気分です。もう35年も前に発売されたキットですがよくできています。

Dscf7382

| | コメント (0)

2021年2月 1日 (月)

カブース化粧直し(続)

化粧直し終了と思い記念撮影をしてみるとエアホースの取り付け忘れを発見。

Dscf7378

| | コメント (0)

2021年1月31日 (日)

Drop Bottom Gondola入手

ごく最近eBayで入手しました。グラントラインのDrop Bottom Gondolaです。どちらも古いキットです。特に薄茶の700番台のキットは最初に発売されたロットのものと思われます。このDrop Bottom Gondolaは私がOn3を始めたころに発売され、当時グラントラインの製品を積極的に輸入販売していた篠原模型店の広告用に組立サンプルを突貫工事で組んだ思い出の品です(こちらにそのいきさつが掲載されています)。久しぶりにこのキットを組立たくなり、どうせならと800番台のキットも入手しました。

Dscf7374

追伸:それぞれのキットの1stロットの発売時期を調べてみました。700番台は1976年、800番台は1985年です。

| | コメント (0)

2021年1月27日 (水)

カブース化粧直し

最近はこんなことばかりしています。San Juan Car Companyのキットを組んだD&RGW SHORT CABOOSEの化粧直しです。大分前の姿はこちらです。今回もRGS仕様ですが、今回は実在した0400仕立てとしています。細かく見ると実物にはない妻板上部の手すりが残っていたりマーカーランプホルダーの位置が違いとかありますが特徴的なキューポラ窓の構造などが0400に近似しているのでこれと決めました。実物の0400には化粧直しで派手なサンライズヘラルドを付けたバージョンもありますが今回はしょぼいレタリングの渋い姿に仕上げています。使用しているのは未使用で偶然見つかったスィンフィルム製のデカールです。ン十年前に購入したものですが劣化することなく使用できています。

Dscf7373

追伸)当方の模型は室内を薄緑一色に塗っていますが、保存されている0400の内装色はクリームと濃緑のツートンです。Fine Scale Modeler The 2006 Narrow Gauge Annualに写真が掲載されています。

| | コメント (0)

«Gondolaに始まりGondolaで終わる2020年