« オアカー製作(7)-リセット | トップページ | オアカー製作(9) »

2005年3月20日 (日)

オアカー製作(8)

昨日からさほど進んではいませんがステイにはボルトナットをすべて植え込みました。再度の埋め込みに十分なだけの在庫が見つかったのが幸いでした。
台車はマクリード製Carter+グラントライン製24inch車輪の組み合わせです。
トラスロッドはキットのナイロンテグスに代えて真鍮線で作成しました。米国製キットでよく使われるナイロンテグスはテンションの調整に苦労させられるので出来るだけ交換するようにしています。

orecar_r2

|

« オアカー製作(7)-リセット | トップページ | オアカー製作(9) »

コメント

おはようございます。

今度はばっちり、木目といいすばらしい。完成がみえてきましたね。

わたしも真鍮線にかえていますが、あちらのキットはなぜテグスを使うのでしょうか?単にコストだけとも思いませんが。

投稿: 須藤健一 | 2005年3月21日 (月) 08時39分

何ででしょうか? 真鍮線だと曲げる手間がある上組み立て方しだいでは入らないということにもなるので組み立てあがってからの装着も可能な手として使っているのでしょうか?

または、SWAYBACKをきちんと再現するためでしょうか(笑)。昔、HOでクラフトマンキットを組んだ時テンションかけすぎて図らずもSWAYBACKになってしまった経験があります。

投稿: Little Yoshi | 2005年3月21日 (月) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オアカー製作(7)-リセット | トップページ | オアカー製作(9) »