« ドンキーエンジンの製作Ⅱ(16) | トップページ | 運材台車2台目落成 »

2005年10月15日 (土)

運材台車を作っています

私の画像掲示板で試作状況を報告してきました運材台車の小ロット量産をはじめました。
一気にどーんと作ってしまえばいいのですがどうも同じものをたくさん作るのは苦手です。

 -レシピ-
 フレーム:バスウッド
 ハードウエア;C.H.B. DT-105 Disconnect Parts
 車輪:NWSL 26インチ
 カプラーポケット:エコーモデル 機関車用カプラーポケット(B)

一番右が試作1号。ハンブロールのつや消し黒を薄めたものでくすませてあります。 
問題は積荷。立派な丸太をどうしたら調達できるか悩んでいます。空車もそれなりに良いのですが...

Logcars

蛇足ですが、今回使っているエコーのカプラーポケットはこのようなスケルトンの車両には使い勝手がいいですね。例えばNew Mexico Lumberのロッグカーなんかにも応用可能です(←次はこれかな?)。

|

« ドンキーエンジンの製作Ⅱ(16) | トップページ | 運材台車2台目落成 »

コメント

...とか、なんとおっしゃりながら進んでいるではないですか。

丸太はRED STAG LUMBER CO.ほかで使われているShe-oak (Casuarina telurosa)という豪州の木みたいなのがありませんかねぇ。

ニュー・メキシコもショーティでいいですね。

投稿: すーじぃ | 2005年10月15日 (土) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドンキーエンジンの製作Ⅱ(16) | トップページ | 運材台車2台目落成 »