« C&Sのコンバインを作っているはずが... | トップページ | COACHの製作(2) »

2005年11月26日 (土)

COACHの製作(1)

結局、ウルトラショートコーチの製作が先になりました。G.M.E.の一連のレジンキットはいわゆる車体キットでハードウエアパーツは一切入っていません。例えばこのコーチのキットでは側板・妻板・屋根・床板がパーツのすべてです。したがって、これを完成させるには別にパーツの調達をしなければなりません。オリジナルのStar Modelsやラベルのキットでは、車体キットの他に完全キットというバージョンもあってハードウエアパーツも同梱されたのがあったのですが、G.M.E.では基本的には車体キットのみですので通販で購入されるときは注意が必要です。ただ、G.M.E.も一応ハードウエアパーツの在庫を多少は持っているので、購入時にハードウエアも一緒にお願いすれば適当にみつくろって送ってくれます。私もそのようにお願いしたのですが、いくつかのパーツは在庫切れかまたは忘れたかで入っていませんでした。

で、私の進捗というと、車体の基本組みが終わったのでハードウエアの取り付けをはじめようとしているところです。まずは、カプラーとステップをつけましたが、どちらも結構苦労しました。カプラーはKD-803(On3用)ですが取り付け高さがまったく合わないので、カプラーゲージを使って高さを割り出しフレームを削り込み取り付けました。ステップは前述の同梱されていなかったパーツの一つなのですが、手元にPSCのロストパーツがありましたのでこれの幅を詰めるという荒療治をして取り付けました。ステップ四つで半日かかりました。とにかくカプラー・ステップという大物部品がつきましたので、この後は楽しいディテールアップになりそうです。

GME05

|

« C&Sのコンバインを作っているはずが... | トップページ | COACHの製作(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« C&Sのコンバインを作っているはずが... | トップページ | COACHの製作(2) »