« C&Sボックスカー | トップページ | C&Sのコンバイン (その10) »

2006年2月10日 (金)

C&Sのコンバイン (その9)

久しぶりにC&Sコンバイン#20です。車体の塗装を終えて内装に入りました。

シートはGrandt LineのD&RGW Narrow Gauge用です。実物のコンバインは2+1のシート構成だったようですが模型ではちょっと狭い2+2となりました。シートカバーの色は当初赤系にしようと思っていたのですが、たまたま見た明緑ベースで白のヘッドカバーが付いた作例を気に入りまねしてみました。結果、しっかり窓ガラス越しにシートの存在が確認できるのでこれでよかったようです。通路部の基板は照明用給電ラインでDCCデコーダを荷物室に搭載します。ダルマストーブは仮置き、シートメタルを敷いたあと本付けします。

cs7

|

« C&Sボックスカー | トップページ | C&Sのコンバイン (その10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« C&Sボックスカー | トップページ | C&Sのコンバイン (その10) »