« WATERCAR再生の道(8) | トップページ | WATERCAR再生の道(10) »

2007年4月28日 (土)

WATERCAR再生の道(9)

台車をベッテンドルフに戻すことにしました。使用するのはグラントラインのOn3ベッテンドルフ台車です、車輪はNWSLの金属製に交換してあります。アーチバーからベッテンドルフに変更した理由は実はこの車輪です。使用予定だったアーチバー台車はSan Juan CarのC&S用でしたがオリジナルの台車にはプラ製の車輪が付いていました。米国製の部品ではプラ製の車輪を使うのは珍しくなくグラントの台車も同様のプラ製の車輪が付いています。交換用の金属製車輪はNWSLから各種発売されており私もグラント台車の交換用にいくつかストックしています。これが前述のSan Juan Carの台車にもつけられれば言うこと無しなのですが車軸の規格がまるで違うのです。NWSLはこれに対応してSan Juan Car専用の車輪も作っていますが手元にありません。ということであっさりグラントの台車に変更ということになりました。

Dscn15150001_1

|

« WATERCAR再生の道(8) | トップページ | WATERCAR再生の道(10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WATERCAR再生の道(8) | トップページ | WATERCAR再生の道(10) »