« RGSフランジャー01 (10) | トップページ | RGSフランジャー01 (続) »

2007年8月15日 (水)

RGSフランジャー01 (完)

黄色い所有者パネルをフレームに取り付けて組立て完了としました。1942年春RGSでは財政困難を切り抜けるため所有する車両をリース会社(The Defense Supplies Corp (DSC))に売却してそこから借り受ける施策がうたれました。この黄色いプレートは車両がDSC社の財産であることを示すタグです。ストックしているThinFilm社のデカールには残念ながらこのプレートが入っていませんでしたので、インクジェットプリンター用のブランクデカールに「Defense Supplies Corporation, Washington, D.C. owner & lessor」という文字を印刷して0,25mmプラ板に貼り付けたものを車体に接着しました。近頃のプリンターはたいしたものでしっかり判読可能です。

Dscn17150001

|

« RGSフランジャー01 (10) | トップページ | RGSフランジャー01 (続) »

コメント

一つお尋ねしたいんですが、今回のRGSフランジャー01は、どのようなロコで牽くのですか。それとも押すのですか?(もちろんLitrtle Yoshiさんの場合をお尋ねしています)

もしも可能ならロコとセットになっている状態の写真を見せていただく事はできないでしょうか。真に勝手なお願いなので、掲載日はいつになってもお待ちします。

このフランジャーはキットの箱をご紹介くださった時からとても良いなと思っていました。先日のスノウプロウと共に私の特に好きな車輌です。いつか側線に放置するとおっしゃっていたような気もしますが、叶う事ならば是非稼動状態の有志を味わってみたいと思ってしまいました。

投稿: F'Track | 2007年8月17日 (金) 01時26分

黄色い所有者パネルの件、まるで阪急電車みたいですね。

ご存知かもしれませんが、阪急は2002年に全車両をケーマン諸島のS & H Ry.社に売却して、同社からリースを受ける格好で運用しています。新型車両についても同様です。

http://hankyu-net.com/kyoto/9300.html" target="_blank">http://hankyu-net.com/kyoto/9300.html

脱線気味のコメントでスミマセン。

投稿: すーじぃ | 2007年8月18日 (土) 17時07分

固定資産を持たずにリースで済ませるのは税金軽減策としては常套手段ですが... 阪急電車ですか。知りませんでした。

RGSの場合このプレートがなかなか良いアクセントになります。黄色のプレート地という色合いのお陰でインクジェットプリンターでなんとかなりました。20台分のプレートを同時に印刷しましたの当鉄道に在籍する車両はすべてリースということにすることも出来ます(笑)。

投稿: Little Yoshi | 2007年8月18日 (土) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« RGSフランジャー01 (10) | トップページ | RGSフランジャー01 (続) »