« カブース No.3 (4) | トップページ | カブース No.3 (6) »

2007年9月23日 (日)

カブース No.3 (5)

デッキ周りの部品もつけましたが、なんとも見せ所のない出来で最後の仕上げをどうしようか悩んでいます。

Dscn17540001

|

« カブース No.3 (4) | トップページ | カブース No.3 (6) »

コメント

やはりサイドパネルを木製に変更した効果が十分に出ていると思います。単純な形態のボディーだけにその効果は絶大に思えました。

ステップや側板押さえの金属部分の錆の表現良い感じですね。ちょっとした気配りが全体に彩を添えて単調さをよくカバーしていると思いました。レタリングはどのようになさるのでしょう。転写マークだと 木肌にどうしても透明部分が残ってしまうので、ここは踏ん張ってシルク版を起こしませんか。

投稿: F'Track | 2007年9月23日 (日) 22時14分

F'Trackさん、コメントありがとうございます。

ステップの方に目が言ってくれればと思い手間をかけましたが、単調さをどのようにカバーするかが難しいですね。

木部へのデカルの貼り込みは確かに難しくいつも躊躇するところです。インレタで行けばよいのでしょうが...いつものように面倒くさがりなもので最小限のナンバー入れだけで済まそうかなと思っています。

投稿: Little Yoshi | 2007年9月24日 (月) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カブース No.3 (4) | トップページ | カブース No.3 (6) »