« オートマチックオイルバーナー(続) | トップページ | オートマチックオイルバーナー(続・紆余曲折) »

2009年1月11日 (日)

オートマチックオイルバーナー(紆余曲折)

In Search of Steam Donkeysに掲載されている一枚のカタログ写真をじっくり見てみるとこのユニットはドンキーのフレーム上面にボルトで固定するようになっているようです。ということでもう一度位置関係を見直しました。隣のページに写ってる実物写真はスレッド床置きなのですがこちらは一体化されていないもののようです(と言葉だけではわかりにくいのですが)。

さて、位置もそろそろ決まったということで、配管作業をもう少し進めています。真鍮丸棒から削り出したダイアフラム、圧力計がつきました。圧力計をつないでいるT型継手はエコーの0,5mm用、ダイアフラムをつないでいるT型継手は丁度いいものがなくエコーの水管用締め切りコックを加工しました。

Dscn24190001

|

« オートマチックオイルバーナー(続) | トップページ | オートマチックオイルバーナー(続・紆余曲折) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オートマチックオイルバーナー(続) | トップページ | オートマチックオイルバーナー(続・紆余曲折) »