« 鍛冶屋(20) | トップページ | コンバインⅢ (その19) »

2010年3月22日 (月)

SHAY No,2

ストラクチャーものが続きましたので車両ネタです。といっても私のHP母屋でも写真を載せている旧作であります。元ネタはバックマンのSHAY、これをOn3に改軌してバックウッズのデコレーションキットを使いデテールアップしたものです。このSHAYにはDSD-101LCというサウンドトラックス社のモータ・サウンド一体型のDCCデコーダを搭載していたのですが、サウンドが今ひとつでずっと気になっていました。そこでESU社LoksoundV3.5への換装工事を実施しました。換装したLoksoundV3.5も手持ちのものは旧世代のものでメモリーサイズが8Mbitです。現在の同製品は倍の16Mbitになっています。サウンドデータはESU社のHPよりダウンロードしたSHAY用に汽笛のみ同じくESU社で公開されている汽笛サウンドコレクションから似合いのものにピックアップして入れ替えたものを書き込みました。

 

鍛冶屋の前で出発準備をするSHAYの風情です。

 

Dscn30290001

|

« 鍛冶屋(20) | トップページ | コンバインⅢ (その19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鍛冶屋(20) | トップページ | コンバインⅢ (その19) »