« もうひとつの給油塔 (4) | トップページ | もうひとつの給油塔 (6) »

2010年7月27日 (火)

もうひとつの給油塔 (5)

給油管を作っています。キットではビニールコードの被覆を使うようになっていましたが妙な癖がついていてきれいな線が出ません。そこで工作机の引き出しをあさってみたところちょうどいい径(約3mm)のハンダ線が見つかりました。バルブとの接続はもともとキットにはいっていたビニールコードを使用しています。塗装をすればホースらしくなりそうです。

Dscn31790001

|

« もうひとつの給油塔 (4) | トップページ | もうひとつの給油塔 (6) »

コメント

ホースのくねり具合がいいですね。

ハンダ線かフューズ線(今でも有るのでしょうか?)は使えますね。



きょうのエアロコです。エアモーターもどきは出来ました。

エア配管ですが、バルブやエルボ、ユニオンを考えると気が重く、再び熟成の予感も...。http://i280.photobucket.com/albums/kk168/sdhknch/On20%20Models/DSCN2300a.jpg" target="_blank">http://i280.photobucket.com/albums/kk168/sdhknch/On20%20Models/DSCN2300a.jpg

投稿: すーじぃ | 2010年7月27日 (火) 20時58分

すーじぃさん、こんばんは。

エアモーター俄然細密感が出てきましたね。真鍮線植え込みのボルトがきっちり配列されていてすばらしい。この調子でぜひ配管に。ただ配管をこのレベルで仕上げるのは確かに大変そうです。ロストパーツの奢るという手もありますが、すーじぃさんのことですからその手は使わないと勝手に推測しています。

投稿: Little Yoshi | 2010年7月31日 (土) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もうひとつの給油塔 (4) | トップページ | もうひとつの給油塔 (6) »