« カブース「Candy」の製作(7) | トップページ | カブース「Candy」の製作(9) »

2011年1月25日 (火)

カブース「Candy」の製作(8)

キューポラに屋根をつけ何とか復活です。プラ製のキューポラは以前のバスウッド製に比べればはるかにきっちり出来ています。しかしダブルルーフの上でキューポラ妻板窓の視界を確保しようとすると随分背が高くなりますね。パゴサジャンクションカーあたりで高さを確認すればよさそうなものをそれをしない適当さです。もう少し背を縮めても良かったかも知れませんが、この辺りのバランスが私には心地いいです。トラス橋、トンネルはご法度の車両になりそうです。

Dscn3376_2

|

« カブース「Candy」の製作(7) | トップページ | カブース「Candy」の製作(9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カブース「Candy」の製作(7) | トップページ | カブース「Candy」の製作(9) »