« AM&T CABOOSE (15) | トップページ | 給油所 (2) »

2011年5月 2日 (月)

給油所 (1)

突然ですが、ストラクチャーを作りたくなりました。

Mt.Albert Scale Modelsの給油所です。レジン製の土台にこれまたレジン製の給油タンク(元SHAYかCLIMAXの給水タンク)・給油機、バスウッド製の物置小屋という構成です。給油機は1950年代の型式のものが付属していました(写真のレジン生地のもの)。これはこれで格好がいいのですが、そこはいくつもへそ曲がりで1930年代の形式のものに置き換えることにしました。(正直に言えばレジン製の給油機の塗りわけがうまくいかず2回の繰り返しの挙句あきらめたということなのですが...)

Dscn3419

|

« AM&T CABOOSE (15) | トップページ | 給油所 (2) »

コメント

今度は給油所ですか。次々に作られてますね。少しは見習わなくっちゃ。(汗)

Chuck Doanさんの給油器がこちらのページあたりから出てきますね。ラージスケールとはいえ、ガゼガゼぶりはスゴイです。

http://www.finescalerr.com/smf/index.php?topic=446.585" target="_blank">http://www.finescalerr.com/smf/index.php?topic=446.585

投稿: すーじぃ | 2011年5月 3日 (火) 12時39分

すーじぃさん、

いやいや「次々」に手を付けるのですが完成になかなかいたらないものが多くなっています。困ったものです。

Doanさんの作品はもう参考というレベルではなく鑑賞して済ますのがよろしいようです。あのさび錆びの表現やってみたいのですが私にはうまくいかないという自信があります。



投稿: Little Yoshi | 2011年5月 3日 (火) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« AM&T CABOOSE (15) | トップページ | 給油所 (2) »