« EBT 2Bay Hooper (4) | トップページ | EBT 2Bay Hooper 続 (1) »

2013年6月 1日 (土)

EBT 2Bay Hooper (5)

メーキャップを施しました。使用した塗料はPolly Scaleです。これで完成です。

Dscn3783

ところで、使用したPolly ScaleはTestor社から発売されているアクリル水性塗料の鉄道模型ブランドです。同じTestor社から発売されているFloquilとともに利用されている方は多いと思います。すでにご存知の方も多いと思いますが、このたび発売元のTestor社がFloquilとPolly Scaleの発売を中止すると発表したようです。

|

« EBT 2Bay Hooper (4) | トップページ | EBT 2Bay Hooper 続 (1) »

コメント

いつもながら気品漂う仕上がりで、見事です。
次はハイスラーの改軌でしょうか?向こうのOn30のメーリング・リストでもオイル焚きへの改造例などが紹介されはじめましたね。

8トン・ポーターの最終姿をアルバムにアップしました。
頼まれモノ(相手にすれば、たのしみを奪われているわけですが...)も一段落したので、懸案の仕掛かりに手をつけないと...。

投稿: railtruck | 2013年6月 3日 (月) 12時30分

半分は写真写りでごまかしています。

ハイスラーはまだちょっと先でしょう。On3メーリングリストでもOn3に改軌したよという報告が出てきました。単にNWSLのプーラーで車輪を(19-16.5)/2=1.25mm引き抜いているだけのようです。これではやっぱり不安なので軸の交換が真っ当なアプローチだと思うのですがそう思うと手が遠のいてしまいます。機が熟すのを待つのが手かと。

投稿: LittleYoshi | 2013年6月 3日 (月) 20時22分

railtruckさん、ポーター拝見しました。

HOの小ささであのディテール、さぞ組むのに眼と手先がお疲れになったでしょう。スッキリした出来栄えです。拡大された写真でも乱れがないですね。

ただ、ベルはちょっと窮屈ではないでしょうか。小生のOnのバックマンのポーター改ではベルはサドルタンクのサイドに逃げて配置しました。

http://homepage2.nifty.com/yoshion3/no5/no5j.htm

投稿: Little Yoshi | 2013年6月 3日 (月) 20時28分

> 単にNWSLのプーラーで車輪を(19-16.5)/2=1.25mm引き抜いているだけのようです。

マッケンジーのフォードソンがそうでした。On3バージョンを買ったのですが、入っていたのは天賞堂のHOのパワトラで、同様にして改軌せよとの説明でした。さすがに躊躇して、On30の数少ない在籍車両の1台です。

> ただ、ベルはちょっと窮屈ではないでしょうか。

ですね。気になっている点です。これでは鳴らしようがないですね。

投稿: | 2013年6月 3日 (月) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EBT 2Bay Hooper (5):

« EBT 2Bay Hooper (4) | トップページ | EBT 2Bay Hooper 続 (1) »