« 無燈火エンジンになってしまいました | トップページ | シツコク・カブース (2) »

2017年1月14日 (土)

シツコク・カブース (1)

この正月休みにせっせと作っていたDon WinterさんのキットをベースにしたDeep River Lumber Typeのカブースは仕上げの段階でデカールソフターと取り違えて流し込み接着剤を側面に塗りつけるというあまりにお粗末な失敗であえなく没になりました(製作報告も削除してしまいました)。 流石に意気消沈でほかのものを作ろうと罪庫のキットを取り出しては眺めていましたが、やはり没になったカブースが気になるということで再度製作に着手しました(シツコイです)。 ボディーは今回もプラ細工ですがキットからの流用部品はなし、スクラッチです。
 
 
Cimg1563

|

« 無燈火エンジンになってしまいました | トップページ | シツコク・カブース (2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シツコク・カブース (1):

« 無燈火エンジンになってしまいました | トップページ | シツコク・カブース (2) »