« 続D&RGWゴンドラカー(2) | トップページ | C&S Caboose (1) »

2020年7月 2日 (木)

続D&RGWゴンドラカー(3)

塗装・レタリングが終わりました。 鉄道ロゴマークはサークルタイプで変化を持たせました。 今回の収穫は塗料です。 Floquilが市場から消えた後、そのBoxcar-redの代用塗料を探してきました。 某代用塗料データベースではTAMIYAさんのXF-64 レッドブラウンが推奨されていましたが少々赤みが足りないような気がしていましたのでNATOブラウンを愛用していましたがこちらは逆に赤みが強すぎるようでした。 そこで、再度検索してみると某掲示板でTAMIYAさんのXF-79 リノリウム甲板色が「ぴったり」と推奨されていました。 試してみると確かにFloquilの代用塗料としては色味があっているような気がします。 まあ実車は一台として同じ色がないような状態ですのでどの塗料が正解ということは全くないのですが...

Dscf7302

|

« 続D&RGWゴンドラカー(2) | トップページ | C&S Caboose (1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続D&RGWゴンドラカー(2) | トップページ | C&S Caboose (1) »