« C&S Type2 Boxcar (2) | トップページ | C&S Type2 Boxcar (4) »

2020年9月 7日 (月)

C&S Type2 Boxcar (3)

キットに入っている屋根は写真の左にあるようなマーフィールーフと呼ばれるガルバリウム鋼板による金属製の屋根を表現したものになっていますがモールドの形状を見ると12リブ・クランプ付きとなっておりType3のBoxcarの特徴と一致します。例の参考書によればType2のBoxcarは9リブ・クランプなしとなっています。最終的には自社鉄道のレタリングを入れるのでプロトタイプ通りに作る必要はないのでそのままこの屋根を使っても良かったのですがキャンバス貼りの屋根に仕上げたくなりプラ板で屋根板を新製しました。

Dscf7344

(補足訂正)

マーフィールーフのリブ数について12リブ・クランプ付きはType3の特徴と記しましたが、実際は12リブ・クランプ付きと9リブ・クランプなしの屋根はType2・Type3にまたがって混在していたようです。資料の読み込み不足でした。San Juanのキットに失礼なことをしました。訂正します。

|

« C&S Type2 Boxcar (2) | トップページ | C&S Type2 Boxcar (4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« C&S Type2 Boxcar (2) | トップページ | C&S Type2 Boxcar (4) »