Gilpin Type Caboose

2018年1月13日 (土)

Gilpin Type Caboose No.79

ひとつ前の記事で紹介したGilpin Type Cabooseは結局没。やはり2ftものをスケールの車幅で作ると他の車両とバランスが取れませんでした。

ということで、一から3ft仕様で作り直し。年跨ぎで組立・塗装終了まで来ました。妻板は在庫していたSun Juan Car Co.のD&RGW SHORT CABOOSEのものを流用し、それ以外のパーツはプラ板細工です。
今回は黄色塗装で出場させます。塗料はPolly Scaleのリーファーイエローを使用しましたが隠蔽力が弱く苦労しました。デカールはAlpsプリンターで自作しました。

Cimg1612

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 3日 (金)

Gilpin Type Caboose 3rd

飽きもせずにまたGilpinタイプのカブースを作っています。以前作りかけて放置してあった2ft仕様で車幅が狭いバージョンを完成させる気になりました。放置してしまった理由は、車幅が狭いところにOn3の台車を履かせると下回りがあまりに立派になりすぎて嫌気がさしてしまったためでした。そこで部品箱をあさってみるとアダチ製と思われる16番用TR20が出てきました。サイズ的にはGilpin Tramのアーチバーと変わりません。早速改軌して取り付けてみたところ、下回りが妙に強調されることもなくなり工作意欲が出てきました。

Dscf5170

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

Gilpin Type Caboose 2nd (9)

組みあがりました。 この写真で見るとデカールのフィルムが目立ちますね。 肉眼ではあまり目立ちません。 というか「老眼」で見えていないだけかもしれません。 マーカーライトが良い具合に光っています。 床下のスイッチで消灯も可能にはしてあります。
 
Cimg1539

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Gilpin Type Caboose 2nd (8)

レタリングをいれています。 今回のカブース、あえておもちゃ然としたものにと当鉄道の新旧レタリングを入れて塗装過渡期のカブースにしています。
レタリングはALPS製のプリンターですべて印刷しました。 実は以前より使っていた格安中古で入手したALPS MD-1000(一番古いものですね)があえなくダウンし使用不能になっていましたが、今般きちんとチューンアップ済のMD-5000を新調(?)しました。 長持ちするように大事に使いたいと思います。
Dscn3963

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年11月10日 (木)

Gilpin Type Caboose 2nd (7)

Gilpin Type2軸カブースの仕上げに入りました。 マーカーランプはLEDにより点灯させます。 電源には永末システム事務所さんのLED点灯用整流&定電流UNIT「NGDCC LU7r2」を使いました。 アクセサリー用のデコーダを使う選択肢もありますが 、今回はコスト優先です。 ちらつき防止もされており機能的には十分です。
 
Dscn3962

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 9日 (金)

Gilpin Type Caboose 2nd (6)

生地完成に近づきました。 バランスはなかなかいいようです。
 
Dscn3945

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

Gilpin Type Caboose 2nd (5)

単車としてしましましたのでGilpinタイプと呼んでいいのか微妙ですがこのまま続けます。
 
このカブースにも点灯式のマーカーライトを搭載する予定です。 そのため集電装置が必要になりますので集電ブラシを使って全車輪から集電することにしました。 フランジ部から集電するようにリン青銅板のブラシをセットしましたが結構な抵抗になってしまい調整に手間取っています。 車輪の最外周に摩擦力を与えているので当然ですが、プラ輪芯の車輪に交換する可能性もありますのでこのようになりました。
 
Dscn3940

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

Gilpin Type Caboose 2nd (4)

またまた下回りを作り直しました。 カブース用台車で乗り心地が良さそうだったのが一転。  2軸車に変更です。 手元にあったC&Sのカブース用の軸受を使っています。 ブレーキ周りもそれらしく付けました。 さて前に進めるでしょうか?
 
Dscn3930

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

Gilpin Type Caboose 2nd (3)

屋根まで進みました。 ここで旧作のカブースとのツーショットです。 側板の形状は、旧作がTrain of Texasをベースに、進行中のものはFoothillがベースということになります。 基本寸法はほとんど同じですが、細部に微妙な違いがあります。
 
Dscn3926

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

Gilpin Type Caboose 2nd (2)(もう一度出直し)

前出と同じ角度の写真ですが... やはり幅の狭さが気に入らずに一から作り直しました。車幅はOn3仕様です。 台車は豪華にもD&RGWのカブース用の板バネ仕様の台車です。 さぞ乗り心地がよいと思います(笑)。 この状態から一歩も前に進めない状態が続いていますが当人は結構楽しんでいます。
 
Dscn3925

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

10 Stamp Mill 14t Heisler 16ton SHAY 16ton T-boiler Shay 18 feet gondora car 18ton-SHAY 20ft Gondola 22ft Gondra Car 22ft Logcar 25ton Climax 25ton No.7 26ton SHAY 30 ft. Flatcar 30 ft. Gondola 42ton Climax 50sプロジェクト Aurora Town Bachmann SHAY Bobbers Branchline Water Tank C&S 911 C&S Combine No.20 C&S/RGS Reefer C&S Caboose C&S Reefer C&S Type2 Boxcar Caboose Caboose No.7 Candy CARTER BROS GONDORA Coal Car Coal Shed Coaling Station CombineⅢ Crummy D&RGW 30ft Boxcar D&RGW 30ft Reefer DCC DCCサウンド Deep River Crummy Diner Donkey Donkey_dolbeer Douglas Mine Drop Bottom Gondola EBT 2 Bay Hopper EBT 3 Bay Hopper Field Office Fordson Tugger Hoist FREE CABOOSE Freecaboose Galloping goose GAZETTE1977-9 Gilpin Type Caboose GME SUPERSHORT Humboldt Yarder Hunter Shop K27 Leetown Railtruck Model40 NCNG PLOW NMLCo Logcar No.3 NO46 Oil Facility Oil Tower On3 On3タンクカー orecar outfitcar PH Snowplow RGSフランジャー01 Rolling Stock Sandcar Sandhouse Saw Mill SC Mine Scrap Car SHAY26t Snowplow Stoney Creek Station Strage Shed Structure Super Short Combine Tankcar No.2 Tool Car Tool Shed Tractor repair Trains of Texas CCL Boxcar Uintah Flatcar Uintah No.51 Uintah watercar URY50 Utility Crane Watercar Waycar WOOD BLOCK CAR Wood Cutters Shack Wooden Water Tank Work train Workshed WS Boxcar WSLCo Caboose WSLCoフラットカー おすすめサイト ウェブログ・ココログ関連 ニュース ビール工場 日記・コラム・つぶやき 旧作 旧作紹介 模型全般 給油所 連絡 運材台車 TYPE-1 鍛冶屋 雑感