« C&Sのコンバイン (その1) | トップページ | C&Sのコンバインを作っているはずが... »

2005/11/21

C&Sのコンバイン (その2)

拡大するといろいろ荒が見えてお恥ずかしいのですが、手すりを取り付けようとしているところです。実は手すりの取り付け法についてG.M.Eを訪問したときにオーナーのRandyさんから実演つきで手ほどきを受けました。方法は、手すりの基部をたたいてつぶしL字型に曲げた後穴をあけMicro Mark製の極小の釘を通してボディーに叩き込むというものでした!本当に小型のハンマーで釘を打ち付けるのです。「しっかりとめるにはこれが一番」とのことで思いもかけない工法ではありました。でも、私はオーソドックスに取り付け穴を開けて取り付けようと思います。折角デモしてくれたRandyさん、御免。

追記) 付属のStar Modelsの説明書を良く見るとこれにも釘で止めろと書いてありました。これが標準工程だったとは。おそるべしです。

GME03

|

« C&Sのコンバイン (その1) | トップページ | C&Sのコンバインを作っているはずが... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« C&Sのコンバイン (その1) | トップページ | C&Sのコンバインを作っているはずが... »