« Free Caboose - 1 | トップページ | 電車屋さんはエライと思います »

2006/01/22

いろいろ並行作業で収拾は?

引張り出したカブースの横で、C&Sのボックスカー・RGSのギャロッピンググースの塗装とかをはじめてしまいました。

C&SのボックスカーはSan Juan Carのプラキットを組んだもので一度フリーでUINTAHのレタリングを入れていたのですが塗装面が傷んだのを機会に再塗装をすることにしました。C&Sのカラーはかなり赤っぽい色でRIマルーンなんかが適当かも知れませんが退色したと言うことにして無謀(*1)にもスケールコートのボックスカーレッドを吹きました。スケールコートの艶は半端ではなくピカピカになっています。デカール待ちです。

cSboxcar1

どアップにすると塗装面に埃が... このあと何とか取れました。(良かった)

RGSのグースは幣HP上に未塗装状態で何度も顔を出しているLambert-Suguiyama製のバラキットを組んだものです。Loksoundのグースサウンドを搭載したところその具合良さに気をよくして完成させることにしたものです。まず、絶対の信頼を寄せているマッハのシールプライマーを吹きました。ブラックウイドウにもあこがれますがデカールも無いので、通常の銀色のグースに仕上げようと思います。

↓未塗装状態のグースです。

gooseasis1

(*1)今回は一度塗装されているということをよりどころに通常のスケールコートを吹きましたが下処理をしないと確実にプラをいためますので注意が必要です。

|

« Free Caboose - 1 | トップページ | 電車屋さんはエライと思います »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Free Caboose - 1 | トップページ | 電車屋さんはエライと思います »