« 旧作の衣替え/2 | トップページ | 想定の範囲内? »

2006/03/25

濃い目で行こう

以前、「とれいん」誌で松本謙一氏が「ストラクチャーを再度濃い目のタッチで仕上げ直す」というような記事を書かれていたことがありましたが、今回のHeavy Duty Flatcarの衣更えも濃い目を狙っています。まずはドラム缶・ジェリ缶を仕上げて見ました。ジェリ缶はタミヤ製、ドラム缶は左の白っぽいものがタミヤ製、他の2本がグラントライン製です。基本塗装の後ブラグドンのパウダーで濃い目にウエザリングしました。ベースのフラットカー本体もOxide Redで塗装した後デッキ部をタミヤエナメルのバフ・フレッシュ(肌色)・フラットブラックをエアブラシで重ねました。

hWflat3

|

« 旧作の衣替え/2 | トップページ | 想定の範囲内? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 濃い目で行こう:

« 旧作の衣替え/2 | トップページ | 想定の範囲内? »