« シェイを続けています | トップページ | シリンダの蓋が漸くつきました »

2006/06/25

次はシリンダ

3気筒シリンダの中のスリーブを真鍮棒から作り直しました。もともとのキットはデルリンのスリーブが入っているのですが以前分解したときにどこにしまったかわからなくなってしまいました(だめな私です)。これがないとクロスヘッドが暴れてしまうのですがほとんど見えないのでそのままにしておくかとも思ったのですが、やっぱり気になり真鍮から作り直しました。これでクロスヘッドは安定して往復運動するようになりました。

Dscn02680001

|

« シェイを続けています | トップページ | シリンダの蓋が漸くつきました »

コメント

これまでシリンダーの蓋がついていなかった訳が分かりました。
これで蓋もハンダ付けできますね。(わたしの場合はACC)

投稿: すーじぃ | 2006/06/25 16:46

蓋がないのばれてましたね(笑)。あとは蓋ですがこの蓋がまた無いんです。いよいよどうしようもないですね。で、蓋を自作しようと旋盤を回していたらウレタンベルトが切れてしまいました。熱溶着で直そうとしても旨くいきません。ウレタンが古くなっているようです。また時間がかかりそうな予感...

投稿: Little Yoshi | 2006/06/25 17:19

こういうアクシデントは重なるもので...。ぼやきが聞こえてきそうです。でも、Modelrailroad is fan!でいきましょう。

投稿: すーじぃ | 2006/06/26 10:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次はシリンダ:

« シェイを続けています | トップページ | シリンダの蓋が漸くつきました »