« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/30

コンバインⅢ (その16)

荷物室ステップが未装備以外はほぼ車体は組みあがりました。下地処理をしているので写真ではまるでプラキットのようです。荷物室ドアは開放状態にしようと固定していません。レジンキットでは経年変化によるソリを防ぐため頑丈な梁をいれるためドア解放がしづらいのですが、今回はバスウッドキットということで車内はすっきりしています。室内灯用のDCCデコーダを旨く荷物で隠して見所にしたいと思っています。マーカーライトもつけたい所ですが、いつものことでストックパーツが見つかりません(笑)。

Dscn03160001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/29

コンバインⅢ (その15)

下地塗装を済んだ基本ボディーのディテールアップ真っ最中です。床下周りはほぼ終了です。ストックをあさって出てきたありあわせの部品を使っています。フリーな上にシルエット重視なのでこれで良しです。

Dscn03140001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/23

コンバインⅢ (その14)

コンバインの基本ボディーが出来ましたのでここでサーフェーサー塗りをしました。これからサンディングになります。木製の車体ですのでディテールをつける前に下地処理をしておかないと塗装のときに大いに苦労します。貨車であれば下地処理をせずに逆に木製を強調するような仕上げも面白いのですが客車はやっぱりそれなりの仕上がりにしたいものです。写真はモノクロームのように見えますが一応カラーです(笑)。

Dscn03100001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/22

石膏キットに再チャレンジ?

レンガ物はNGでした。ということで木造物はどうかと秘蔵石膏キットを引っ張り出してきました。懲りないというか病気ですね。Tom YorkeのRailroad Blacksmith Shopというものです。↓はキットに入っていた完成見本の写真をスキャンしたものです。30年以上前のキットです。古い石膏キットは石膏そのものが劣化するという話も聞いたことがあります。久しぶりに箱を開けて中身を眺めている状態で着工するか否かでまだ悩んでいますが...これなら恐れ多くて作りかけでお蔵入りということはないのではと思います。

Tom1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

工作台を掃除しました

と言ってもちょっと整理して雑巾がけしただけですが気分を変えようということで... 件のキットは一晩でまた棚にしまわれてしまいました。棚を空けたときにちょっと作りかけのストラクチャーを引っ張り出しました。最近新オーナーで復活したDeesign Techのレジンキットです。これも最後の仕上げの前に止まってしまっています。窓枠・ドア・煙突をのぞくと屋根を含めてオールレジン製です。屋根をあけてみると角材補強を一切していませんでしたが、ソリはまったく出ていません。Design Techのキットの品質がよかったということですね。再生産品は大丈夫かな。

Dscn03060001

続けざまにもう一つ大柄の(実際組み立てるのも大変でした)ストラクチャーを引き出してみました。Stoney CreekのIndian Garageです。あらら背面のガレージのドアヒンジが折れていました。壁に立てかけてあるのがそのドアです。今日は修理する元気が出ませんので一応写真をとった後棚に戻ってもらいました。

Dscn03070001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

廻りは粉まみれです

Dscn03050001_1

お蔵入りさせようとした石膏キット(Downtown Decoのアーチーのバー)をまた工作台に引っ張り出しました。気に入らない箇所(失敗したともいえますが)を作り直そうとしたためにあたりは粉だらけです。まだまだどうなるかは大いに不透明ですが棚上げにするにはちょっと惜しいのでもう少し続けてみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/17

コンバインⅢ (その13)

Dscn03030001

また仕掛かりを増やすだけになった寄り道のおかげでコンバインに戻ることが出来ました。デッキ下部にカプラー解放テコ、手すり、エアーホースがついて更に2重屋根の明かり取り窓もつきました、と大した進展ではないのですがとにかく前に進みました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/07/16

アーチーのバー

Dscn03020001

スランプです。作りかけのものはいろいろあるのですが、このような時は目先を変えたくなります。
で、長期ストックしてあったDOWNTOWN DECOの石膏キットを引っ張り出しました。DOWNTOWN DECOの石膏モールドの精度はかなりよいのですが、それでもあちこちに隙間が。あまり削ってしまうと泥沼なので、隙間は後で埋めることにして木工ボンドで4面を接着してしまいました。

追伸: 結局このあとまたお蔵入りになりました。塗装の失敗です。石膏モデルは微妙です...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/02

コンバインⅢ (その12)

久しぶりにコンバインの進捗報告です。忘れたわけではありません。ロスト製のカプラーの動作に対する不満からKDに変更しようとしてロスト製のデッキを加工しようとしたのですがうまくいかずしばらく止まっていました。このままではということで意を決してデッキ部を大幅に改修することとしました。プラ細工で自作したデッキ部フレームとグラントの端梁から新製したデッキ部にロストのデッキフレームから切り出したボルスター部、ロスト製のステップを組み付けました。まずまずの出来に満足しています。また先へ進めそうです。シエイ共々すすめていきます。

Combine1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/01

シリンダの蓋が漸くつきました

旋盤のベルトは時間がなく調達できていませんのでここでストップ。とはいきたくないので真鍮板をドリルレースで加工してシリンダの蓋作りました。このシエイのシリンダはケーシング付なのでシリンダの蓋もあっさりしたもので助かりました。パーツ管理をしっかりしていればこんなことで1週間ということは無いわけですが性格ですね。なんともなりません。

Dscn02700001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »