« 16ton SHAY (19) | トップページ | 16ton SHAY (未完) »

2007/02/17

16ton SHAY (20)

火の粉止めを作りました。真鍮細密メッシュで作りましたが、メッシュの目が詰みすぎていてあまり透けて見えません。MCのNo,2らしくなってはきましたがなかなか進みませんね...

Dscn13380001_1

キャブ床下に実物にはないブレーキ用の蒸気シリンダーが見えます。

|

« 16ton SHAY (19) | トップページ | 16ton SHAY (未完) »

コメント

出来てきましたね。完成が楽しみです。工具箱はWisemanでしょうか?

実はある方より18トンのキットを譲り受けまして、Yoshiさんの作例を参考にさせてもらいつつ、どないしょうかと思案してるところです。
ダイアモンドスタックにして、あとは素組みのつもりですが、とりかかるのは先になりそうです。

投稿: すーじぃ | 2007/02/18 17:07

ご明察!Wisemanのソフトメタル製です。Wisemanの小物は以前にたんまりと仕入れていますのでここで使わずしていつ使うです(笑)。

プラのキット作りもそれなりに面白いですが、やっぱり機関車はブラスがよいですね。18ton楽しみにしていますよ。
18tonのキットにはキャベツ型のあまり出来のよくないロストの煙突が入っていましたね。私の18tonはSilver City用のストレート物に変更しました。

投稿: Little Yoshi | 2007/02/18 21:24

だいぶ完成の姿が見えてきましたね。
何時も指をくわえて製作進行する写真をながめていました。

なぜ魅力的に見えるかを考えるに、やはり的確な観察眼と、こなれた加工技術の故だと感心していました。
たまにはLittle YoshiさんもつたないF'Trackサイトを訪れてくださるようです。私の製作したストラクチャーもご覧になっている事と思います。(何時もブログのコメントありがとうございます)

人、それぞれとは言いますが、何ともうらやましい限りです。

投稿: F'Track | 2007/02/20 20:06

いえいえ失敗だらけです。写真はそれを隠してくれています。

実は、この写真をとったあと火の粉止めが少々ゆがんでいるのを直そうとして見事に失敗し今は火の粉止めをはずされています。プラ部品を基本に組んでいるのでいたるところで無理が出来ません。

今週は出張でロス近郊に来ているため工作はお休みです。もう投げ出そうかと思っていましたが頭を冷やすにはちょうどいいようです。もう少しがんばってみるかという気になってきました。

http://uintah51.cocolog-nifty.com/auroranew/

投稿: Little Yoshi | 2007/02/21 14:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 16ton SHAY (20):

« 16ton SHAY (19) | トップページ | 16ton SHAY (未完) »