« ある周期で作りたくなります | トップページ | 意地のKDカプラー取り付け »

2007/03/04

ここまではいつも早いです

Tankcar用の24ftフラットカーフレームを組みました。側シルが赤い方が今回作っているもので、その下にあるのは同じ24ftフラットカーの熟成中のものです(フレームまではいつもそれなりに出来るのですがそこからなかなか進みません)。作りかけのフラットカーがあるのならそれをそのまま使えばといわれそうですが、Westside Lumberのフラットカーは基本設計は同じでもそれぞれで擬装が異なります。ちなみにTankcar No.2にはエアーブレーキが装備されていませんでしたのでブレーキ廻りはシンプルです。

材料はストックしてあったバスウッド角材です。ワイヤーブラシで木目をつけ薄墨色で染めて組み上げた後に側シルのみオキサイドレッドで塗装しました。

Dscn13580001


|

« ある周期で作りたくなります | トップページ | 意地のKDカプラー取り付け »

コメント

いつものことながら端正な作りにほれぼれしています。

投稿: すーじぃ | 2007/03/04 18:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここまではいつも早いです:

« ある周期で作りたくなります | トップページ | 意地のKDカプラー取り付け »