« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/14

16ton SHAY 06

スピーカーは水槽に斜めに押し込むことでなんとかモーターとの干渉は回避できそうです。デコーダーは惜しいところで水槽に入らないことがわかりました。TSUMAMI-MINIであればデコーダー長が3mmほど短いので何とかなるかも知れませんがサウンドの仕上がり具合はESU社の方が好みなので何とかしたいところです。

Dscn19090001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/13

16ton SHAY 05

DCC搭載は進展なしです。

代わりに上回りの工作としてシリンダ・エンジンカバーを真鍮板で作りました。カバーの前の工具箱はプロトタイプにはありませんが、丁度良いサイズのものがありましたので載せてみました。

Dscn19080001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/12

16ton SHAY 04

DCC搭載には苦戦してます。当初Tボイラーの中にスピーカーを搭載しようと漠然と考えていましたが、気がつけば既にボイラー基部を組み上げてしまっていてスピーカーを押し込むことができそうもありません。そこで、水槽内に搭載しようとしているのですがこちらにもスペースの余裕があまりありません。モーターを逃げてスピーカー、デコーダをどう積むか試行錯誤しています。

並行して、プロトタイプにあわせてサンドドームを上部、胴部、基部に分解し胴部の長さを旋盤で縮め背を低くしました。

Dscn19070001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/09

16ton SHAY 03

このあと手を緩めず部品をつけていきたいところですが、水槽脇につく水ポンプをはじめとしていくつか手元にストックがありません。Caboose Hobbiesの在庫を探ってみると幸いにも水ポンプの在庫がありましたので、すかさず注文を出しました。旨くすれば1週間くらいで届くでしょう。ということで、それまでにDCCデコーダの組み込みを検討することにしました。今ですとSoundTraxx社のMicro Tsunamiというのが常套手段かも知れませんがBackmannのSHAYをはじめとしたOn30製品も(専用のもののようですが)Tsunamiを搭載しているので、同じ音では面白くないでしょうということで使用するのはESU社のLoksound Microです。

Dscn19060001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/08

16ton SHAY 02

ミシガンカリフォルニアランバーのNo.2の特徴である斜に構えたヘッドライト台座を帯板細工で作りました。ちょっと使用した帯板(1.5mmX0,4t)の幅が広すぎたようですが、まあがっちり出来ましたのでこれでOKとして煙室に取り付けました。取り付けにはピンを併用しているため思いの他がっちりしたものになりました。破損しやすそうな場所ですのでこれで良かったと納得しています。ヘッドライトを仮においてみましたがこれは是非とも点燈させたいところですね。いよいよ私もLEDデビューになりそうです。

Dscn19050001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/06

16ton SHAY 01

10ヶ月ぶりにPSCのプラ製SHAYのキットを引っ張り出しました。前回長期休止の直接的な原因となったサンドドームは部品ストック箱にあった真ちゅう製のサンドドームに交換することで何とかなりそうです。ちょっと背が高いので縮めるかどうか悩んでいますが、勢いをつける意味でプロトタイプとしているミシガンカリフォルニアランバーのSHAY No,2の特徴であるボイラー横に寄ったヘッドライト用のやぐらを先に作ることにしました。機関車の手前にある部品が製作中のやぐらです。

Dscn19040001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/05

NCNGプロウ (完)

Dscn19010003

プロウ部が出来上がったことに気を良くして一気に完成させました。
今年は自作でスタートすることが出来ました。「こいつは春から縁起がいいや」といったところでしょうか。

Dscn19020004

Dscn19030005

Dscn18990001_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NCNGプロウ (8)

プロウ部が出来ました。0.3mm厚の真鍮板から切り出したパーツを半田付けで組み上げました。機械屋のくせに図面から展開寸法を見積もるのがどうも苦手で出来上がりは少し幅が狭くなってしまいましたが、作り直す元気はありません。これで良しとします。いつものようにトピカで塗装後にブラグドンのパウダーで錆色に仕上げました。

Dscn18980001_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/03

NCNGプロウ (7)

ウエイトとして載せた車輪が画一的で気に入らなかったので結局ドラム缶を一本追加して車輪の載せ方も少し乱雑にしてみました。一時はドラム缶をどっさり載せようと準備をしたのですが、それもどうかということでこのような形にまとめました。さあプロウをどうしたものか悩んでいます。

Dscn18970001


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/02

NCNGプロウ (6)

あけましておめでとうございます。 本年も迷走する模型作りの記録によろしくお付き合いください。

年末から製作しているNCNGのプロウは肝心のプロう部がまったくの手付かずなのですが、それ以外はほぼ基本組み終了のところまできました。プロトタイプにしたがって死重として車輪を8輪載せてみましたが、ここは実物にこだわらずドラム缶などを乗せたほうが華やかで良さそうな気がしてきました。

Dscn18960001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »