« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/30

WOOD BLOCK CAR (4)

台車を組み上げました。Simpson社のウエストサイドランバー用の台車は繊細な出来で気に入っています。車輪は探した結果プレシジョンスケールの車輪が1組見つかりましたので迷わず使いました。塗色はブドウ色2号です。上回りに移りたいところですが、まだ図面が届いていません。


Dscn19540001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/28

WOOD BLOCK CAR (3)

下回りに着手して1週間経過でぼぼブレーキ廻りは組みあがりました。良いペースです。この勢いで上回りに突入といきたかったのですが、キットに入っていた図面が違うブロックカーのものと判明(今頃!)しました。現在正しいものを取り寄せ中です。で、台車に進もうと思いましたが手持ちのNWSLの車輪が在庫切れとなりました。古いグラントの車輪(タイヤが鉄製なんですね)を使おうと考えましたが、車両が軽いとケーディーの解放ランプの上を通過するとき車輪が磁石に吸い寄せられて変な動きをするのが困り物で思案中です。


2008_03280001s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/23

WOOD BLOCK CAR (2)

ウエストサイドランバーのWOOD BLOCK CARの完成予想図(?)をSimpson社のキットの箱絵(実際は箱ではなくビニール袋入りなのですが)を使ってご紹介します。箱絵には3種類のBLOCK CARが描かれています。今回私が作っているのは左のものです。これが通称「B」です。中央が通称「A」です。右は1940年代にはもう在籍していなかったようです。

Scan

24フィートフラットカーは何台か作っているのですが毎回このサイズは模型としても丁度良いなと思いながら工作を進めています。本日はエアブレーキの配管とトラスロッドを取り付けました。トラスロッドは通常は最後に取り付ける場合が多いようです(このキットの組立て説明書でも最後のほうになっていました)が、このトラスロッドとブレーキレバー・ロッド等が干渉して処理に困ることが結構な頻度でおこるので今回はトラスロッドを先に固定しました。このあとブレーキ廻りを仕上げていくことになります。

2008_03230003s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/22

WOOD BLOCK CAR (1)

ゴンドラ続きを狙ったわけではないのですが、ウエストサイドランバーのWOOD BLOCK CARを作り出しました。WOOD BLOCK CARというのは、ストーブなどの燃料として木材チップ(薪)をキャンプまで運ぶために作られた貨車でウエストサイドランバーには1940年代に2台在籍していました。番号は与えられてなく「A」と「B」と呼ばれていたようです。今回製作するのはそのうちの「B」で、Simpson社のクラフトマンキットです。フレームはウエストサイドランバーの貨車の常套手段の24フィートフラットカーです。今回も無塗装仕上げを狙い黒っぽく染めたバスウッドの角材を組み上げています。カプラーはKadeeのOn3用をそのまま取り付けることにしてカプラーポケットのスペースを確保しました。

2008_03220002s


2008_03220003s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/20

ゴンドラ (5)

台車の塗装は残っていますが車体は完成しました。手前が今回作ったもので無塗装仕上げ、後ろは以前作ったボックスカーレッドで仕上げたものです。こうして並べてみるとボックスカーレッド塗りもなかなか良いのですがこの塗りは奇跡的に旨くいったもので再現できていません(泣)。

Dscn19530002

私に所属しているTerrapinのメーリングリストで「NWSLが挽きもの車輪の提供を近く中止する」と言う情報がありました。直接NWSLのオーナーから聞いた話のようですので「噂」レベルではないようです。On3ではNWSLの車輪は必須品であるだけに影響大です。買占めに走るか悩んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/18

ゴンドラ (4)

Carter製のゴンドラですから台車もCarterのアーチバーというのが真っ当なのですが、上回りのバランスからもう少しボリュームが欲しいということでC&Sのアーチバー(San Juan製)をはかせることにしました。アップにするとあちこちに荒が見えてきますね。

Dscn19510001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/16

ゴンドラ (3)

ちょっと間があきましたが、ゴンドラの製作は続いていて床板・上回りの取り付けまで進みました。今回は積荷はバラストにすることにいち早く決めましたので上げ底を作りそのうえにウッドランドのコース・バラストをボンド水溶液で固定しています。

2008_03160003


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/09

ゴンドラ (2)

今日一日ゴンドラの色をどうするか悩んでいました。旧作はご多分に漏れずボックスカーレッド系で仕上げてありますので編成を組むことを考えると今回も茶系が妥当とは思うのですが、どうも今一つ気乗りがしません。さらに灰色・黄色とためしに角材に塗装してみて様子を見てみましたがこちらも採用に至りませんでした。ということで今回は無難に未塗装仕上げで済ませることにしました(安直な結論です)。となれば、ハードウエアは錆色で仕上げると言うこれまたイージーな方向に向かっています。錆色表現はDr.BenのWethering RustとRealistic Rustを使っています。錆といえばお決まりのラストオールと同様の使い勝手です。歳を重ねるにつれて仕上げの好みが変わっていくのは困ったものでこれでは編成での統一感がいつまでもとれないことになりますね。

2008_03090006

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/08

ゴンドラ (1)

貨車の工作はリラックス出来ていいです。

ゴンドラの基本フレームが組み立ちました。このゴンドラはCARTER BROS. HIGH SIDE GONDORAと呼ばれるもので実物の長さは25フィートです。随分前に入手したValley Car Worksのバスウッドキットがベースです。車高がかなり低いのでケーディーカプラーを取り付けるために端梁を大きく切り欠いています。

2008_03080007


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/05

どこまでも不調です

まったく旨くいかない時は何をやってもダメみたいです。ビール工場はお蔵入りになりました。原因はいろいろあるのですが、一つは近頃俄かに流行してきたDr.Benさんのステインを使いこなせていないということのようです。

こんな時はWEBから刺激を受けようとアームチェアモデラー状態です。このごろ「すごいなぁ」と見ているのがJuniorさんの「Narrow Gauge Traction」です。モデルのセンスといい色合いといい良いですね。この頃はSスケールにも手を染められているようでちょうどゴンドラの記事が出ていました。

Dscn19480001

私もこれとよく似たゴンドラをOn3で以前組んでいたもので、よしスランプ脱出はこれだと角材を切り出しました。ここで登場が本日航空便で到着したDr,BenのInstant Ageというステイン。BenさんのHPでは長年研究の成果とうたわれていたもので、アメリカ製のウエザリングソリューションはさぞかし良かろうと懲りずに注文したものです。で早速試し染めをしてみましたがやたら黒いです。アルコールで薄めて切り出した角材を染めてみましたが仕上がり状態を見るとまだ濃いようです。それにこの色合いはどこかで見たことがあります。これは墨汁のアルコール割りとまったく同じです。そういえばステインの香りもどことなく墨汁っぽいです。わざわざ大枚航空運賃をかけて墨汁を輸入してしまったかとちょっと複雑な心境です。

Dscn19490002


Dscn19500003


スランプは続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »