« K27修繕 (4) | トップページ | K27修繕 (5) »

2008/08/14

26ton SHAY 2

K27は乾燥待ちということでコロラドから降りてSHAYの方を少々進めました。ワイヤリングに悩みなかなか進みませんでしたがようやくMicro Tsunamiを搭載しました。当初は炭庫にデコーダーを押し込むつもりでしたがそうするとボイラーまでかなりの数のワイヤーを引き通す必要があり結局断念、ボイラーに収めることにしました。以前のちょっと大きいデコーダーだとボイラーのフロントから押し込むことになりこれまたコネクタの処理が頭痛の種でしたが、今回のMicro Tsunamiはさすがマイクロで火室底から押し込むことができました。スピーカーは火室にPFMの角型をおさめ、前台車にはGME製の12接点カムを取り付けピストンの動きにドラフト音をまじめに同調させています。そのため中速に達する時にはすでにドラフトは連続音になりSHAYらしさを堪能できます。ただ電子音の連続音は実物の音とは違い重厚さにかける点が残念なところです。


Dscn22480001

|

« K27修繕 (4) | トップページ | K27修繕 (5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 26ton SHAY 2:

« K27修繕 (4) | トップページ | K27修繕 (5) »