« Redwood伐採 | トップページ | MC No.2 走行試験 »

2008/08/10

K27修繕 (1)

思うところあってK27の修繕をはじめました。といっても大げさなものではなく塗装修繕+アルファーといったものです。ねたは30年ほど前のPFM-Kodama製です。元塗装はプロペインターによるものらしく基本的には大変きれいな仕事がなされていますが、長い年月の間に疲れがでてきていました。塗装修繕の進め方は塗膜剥離+再塗装がまっとうなアプローチですが、元塗装自体はなかなかよく塗膜強度もありますのでこの上からという手抜きで行くことにします。ただ、使われている塗料の種類によっては上塗りした途端に・・・といったことが起こります。そこでまずはそのあたりの確認をするためテンダー下回りから着手しました。アクリルラッカー系のセミグロスブラックを吹いて見ましたがリフティングは起きてこないようです。

Dscn22450001

私とKodama製K27の関わりについて旧記事をこちらにUPしました。

|

« Redwood伐採 | トップページ | MC No.2 走行試験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: K27修繕 (1):

« Redwood伐採 | トップページ | MC No.2 走行試験 »