« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/31

Short Caboose

ドンキーの次の進展はなにもありませんので旧作を紹介。D&RGW/RGSのカブースです。San Juan Carのプラキット素組みでナンバーの0410は実在しません(汗)。カブースにはあまりヘビーなウエザリングは似あわないような気がします。


Dscn23410001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/29

Dolbeer Donkey 8

Dolbeerドンキーが完成しました。 将来鍛冶屋さんか機関庫のバックヤードにおくことになると夢想しています。

Dscn23310006

こちらに別角度の写真を掲載しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/18

Dolbeer Donkey 7

水槽を予定通り黄色で仕上げました。あと少しで完成なのですが今日はもう時間が取れそうにありません。残念ながら完成は出張帰り後となります。


Dscf09500001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/15

Dolbeer Donkey 6

K27の方は上回りの塗装剥離の元気が出ずにすっかりドンキーにかかりきりです。

バルブロッカーアーム(だったかな)を取り付け、ほぼボイラー・エンジン周りは仕上がってきました。私としてはかなりヘビーなウエザリングです。圧力計の白が生っぽいのですが模型としてのアクセントとしてこれはこれでありかなとも思います。ご覧のようにまだ水槽は手付かずです。ここは思い切って(というほどたいしたことでもありませんが)黄色で仕上げてみようかと考えています。今度の日曜から久しぶりの海外出張で1.5週間ほど工作できませんので何とか今週中に区切りをつけられればと...

Dscf09490001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/12

Dolbeer Donkey 5

久々にアップです。 で、久しぶりにドンキーの工作です。 レジン製ボイラーをどう仕上げたものか悩み(というか気が重くなり)しばらく工作がとまっていましたが、やっと塗装する元気がでました。基本塗装はお決まりのトビカのトップガード、その上に2種類の錆色を吹き、さらにパウダーをはたきこみ最後につや消しクリアで抑えました。巻き上げドラムとの質感の差は埋め切れていませんが、まあそれなりに仕上がったようです。

Dscf09470001

(10/13) 写真を差し替えました。 


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/10/07

K27修繕 (13)

特大のスノウプロウを取り付けデコーダの仮配線をして動かしてみました。塗装修正以外なにもいじっていませんので動いてあたりまえなのですが...モータデコーダはボイラーの中ということのがお決まりのパターンですが配線処理が面倒で最新のデコーダを使ってもう少し整理できないかと考え始めました。

こんなことを考える前に上回りの修復にすすむべきですが塗装をどうやって剥がしたものか二の足を踏んでいます。このまま滞留するとまた長期休車になりそうでなんとか前に進めたいものです。


Dscn23000001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/05

K27修繕 (12)

今日は「軽便祭」で私もお誘いを受けていたのですが、明日までに仕上げなければならない仕事があり断念しました。残念です

ということで週末ですが模型工作はほとんど進まない状況です。

下回りの再組み立てが出来てきましたので電装をどうするか考えています。真っ当な所ではTsunamiということになると思うのですが、このK-27はあまりガンガン走らせる機関車ではなさそうなのでもう少しシンプルなものにしようかと思っています。ガンガン走らさないなら余計Tsunamiの豊富なギミック音の方がよさそうなものですがこれもちょっと飽きてきてしまっています(贅沢な話です)。 

ということでモータデコーダには今や使うあてがなくなっているレンツ製のLE1035というデコーダを、サウンドデコーダにはSoundTraxxのDSXという組み合わせでいこうかと思います。

K-27に使われているモータは純正Maxonです。モータハウジングには錆がちらほらでています。30年の時間を感じます。


Dscn22990001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/03

K27修繕 (11)

ラジアスロッドの逆転機構の搭載、復元機構の搭載などは結局手を出さずそのまま分解した逆をたどって下回りの組み立てています。ただ一点先台車は0.5mmほど前に出しました。これはOn3メーリングリストで以前このK27の調整ポイントとして記されていたものでそれに従いました。まあこれでどの程度のカーブを曲がれるかは?であります。リオグランデの機関車はシリンダヘッドを銀色に塗るのが通例ですがこれは黒いままです。一応狙いがあってのことですが楽をしています。


Dscf09170001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »