« K27修繕 (10) | トップページ | K27修繕 (12) »

2008/10/03

K27修繕 (11)

ラジアスロッドの逆転機構の搭載、復元機構の搭載などは結局手を出さずそのまま分解した逆をたどって下回りの組み立てています。ただ一点先台車は0.5mmほど前に出しました。これはOn3メーリングリストで以前このK27の調整ポイントとして記されていたものでそれに従いました。まあこれでどの程度のカーブを曲がれるかは?であります。リオグランデの機関車はシリンダヘッドを銀色に塗るのが通例ですがこれは黒いままです。一応狙いがあってのことですが楽をしています。


Dscf09170001

|

« K27修繕 (10) | トップページ | K27修繕 (12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: K27修繕 (11):

« K27修繕 (10) | トップページ | K27修繕 (12) »