« 先台車と前部動輪イコライザー | トップページ | UINTAH #50 (2) »

2009/03/01

UINTAH #50 (1)

工作を続けそうな気配となりましたので記事のタイトルを連番形式としました。

モーションプレートの上にT字状の部品を1mm厚真鍮板から切り出しました。この板上に上廻りからの荷重受けを取り付けます。第2動輪の真上ないしそれより少し後方で受けることになります。オリジナルの製品ではこのT字板の前部のネジ位置で荷重を受ける設計になっており、このため前部台車の後方が浮き上がりやすい構造になっていました。今回は簡易3点イコライザーを仕込んでいるためオリジナルの位置で荷重を受けると台枠が不安定となってしまいます。そこで重心位置の第2動輪上付近で荷重をうけることにしました。

Dscn25050001


|

« 先台車と前部動輪イコライザー | トップページ | UINTAH #50 (2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UINTAH #50 (1):

« 先台車と前部動輪イコライザー | トップページ | UINTAH #50 (2) »