« UINTAH #50 (1) | トップページ | UINTAH #50 (3) »

2009/03/02

UINTAH #50 (2)

このフロントデッキは20年以上前に自作したものです。我ながらよく作ったものだと感心します。製品のUINTAH #50(GOモデルが製造してカスタムブラス社が販売したモデル)は製造当初の前期型をプロトタイプとしており前デッキにシングルコンプレッサーが2基装着されています。私は酔狂にもUINTAH鉄道のSHOPで自社改造された後期型の模型化を目指しており前デッキは全く形状が異なります。で、本日の工作はこのフロントデッキの砂箱の上の丸穴です。この丸穴はこの上につくヘッドライトからの点灯用の電線を通すためのもので下面までパイプを貫通させてあります。兄弟機の#51ではパイプを貫通させるアイデアが出せず電線を通すのにえらい苦労した記憶があり今回はきちんとパイプで案内するようにしました。

Dscn25060001


|

« UINTAH #50 (1) | トップページ | UINTAH #50 (3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UINTAH #50 (2):

« UINTAH #50 (1) | トップページ | UINTAH #50 (3) »