« UINTAH #50 (5) | トップページ | UINTAH #50 (7) »

2009/03/09

UINTAH #50 (6)

以前組んでいたブレーキ廻りを組み込んで予想通り(?)問題発生です。絶縁側の動輪とブレーキシューの隙間余裕が厳しくイコライジングして動輪がセンターより下がるとショートしてしまいます。僚機の#51でも同じ問題に悩まされ結局動輪センターを0.5mm上に上げて逃げました。#51はスプリングで軸受けを受けるタイプでしたので動輪が下がることはありませんでしたのでこれでOKだったのですがこの#50はイコライザーで動輪が上下します。ブレーキシューを削って絶縁体をはさむか、動輪の上下動を可能な限り制限して接触を防ぐかなど思い浮かびますがさてどうしたものか。ちなみに製品ではブレーキレバーの受け座をプラにしてブレーキ全体を絶縁していましたがこのプラ材のおかげでブレーキがしっかり固定できていなかったので本機では真鍮製の受け座に交換しております。

Dscn25110001


Dscn25120002


|

« UINTAH #50 (5) | トップページ | UINTAH #50 (7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UINTAH #50 (6):

« UINTAH #50 (5) | トップページ | UINTAH #50 (7) »