« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/31

ビール工場(19) 事務所の工作(続き)

私としてはハイペース(?)で事務所が形になってきました。ものが大きいので写真撮影時に周りが整理できなくなってきましたので背景がごちゃごちゃしてすみません。

事務所は構造上屋根の取り付けが後回しにしにくいので窓にもガラスを入れていっています。ただこの窓ガラスいれと言う代物が苦手で苦労しています。個人的には曇らない瞬間接着剤が正解と思うのですが、手元にありませんのでボンドウルトラ多用途(クリヤー)というちょっと怪しげな接着剤を使ってみました。一応ついているようなのですが経年変化があるのか不明でちょっと心配です。

写真の手前にある工具はStoney Creekから購入したOスケール用の釘あとを付けるローラーです(皮細工で使われる目打ちローラーと同種ですね)。以前、Dr.Benの同種のものを購入したのですがそちらはS-Oスケール兼用でピッチが小さく今ひとつだなと思っていました。Stoney CreekのものはOスケール用ということでピッチはほどよいのですが今度は盛大に釘あとがついてしまいます。適材適所の使い分けが必要です。ちなみに事務所前面にはStoney Creekのもので、本屋はDr.Benのもので釘あとを付けています。

Dscn29360001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/25

ビール工場(18) 事務所の工作

屋根をのせると後々の細工が厄介そうなので本屋の工作をひとまず中断して事務所部に手を付けました。まずはベニヤの下板をトビカで黒く塗ったあと正面トップから順に工作開始です。レーザーカットのありがたさで難なく形になってきました。

Dscn29350001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/08

ビール工場(17) 外装に戻りました

漸く本体の外装の工作に戻りました。まず、ドアにドアノブを取り付け。ドアノブには虫ピンを使うことが多いのですが、今回は1.5mm真鍮線をドリルレースで加工したものを使用しました。真鍮地金の色がいいアクセントです。ドア付近の窓には防犯のためにガラスの代わりに下半分に金網を付けました。

Dscn26540001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/04

ビール工場(16) 荷が足りない

荷物搬入戸の裏側は周囲を壁で囲った小部屋となっています。当初はこの小部屋の中だけに小物を配置して内装なしで済まそうと思っていたのです。そろそろ内装の組みたてということでこの小部屋にも樽や木箱を置いてみましたが室内灯を点けてドアからのぞいてみるとちょっと殺風景です。もう少しドアを閉めてあげて僅かな隙間からのぞくようにしてあげればよかったと反省(ドアは固定されていて動きません)。少しこここだけ室内灯を暗くしてごまかすことにします。

Dscn26530001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/03

ビール工場(15) 電灯

Dscn26500001_6

出入り口には防犯のためにも常夜灯が必要です。グラントラインの電灯笠にさかつうさんの電球色のLEDを組み込み電灯をしつらえました。LEDの固定は、さかつうさんが最近発売したNスケールの電灯の構造にヒントをいただき1.8mm径の穴を開けたプラワッシャーにLEDをはめ込んで固定しそれを笠の裏側に接着しました。ポストは外径1.0mm内径0.6mmの真鍮パイプです。


早速本屋の入り口に取り付けました。室内灯とは別のファンクションを使い点灯させていますので独立にON/OFFをコントロールできます。

Dscn26520001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール工場(14) テーブルセットの行き場

テーブルセットは本屋後方の2階に置かれます。2階フロアーへのアクセス確保のために階段も組み付けました。工場の2階にテーブルセットは不似合いのようですが一応もっともらしい説明は考えています。ただ工作が進むと気が変わることもよくある話ですので形になってからご紹介します。

Dscn26490001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/02

ビール工場(13) 寄り道は楽しいです

窓からのぞく楽しさのために本屋の内装からまだ抜け出せずにいます。テーブルはバスウッドの角材を適当に組み合わせて作りました。椅子は1年半ほど前にパリの模型屋DecoTrainさんで買ってきた完成品です。エッチング板の組み立て品で4脚で13ユーロでした。そのときの様子はこちらでどうぞ。

Dscn26480001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »