« 鍛冶屋(1)  | トップページ | 鍛冶屋(3) »

2010/01/04

鍛冶屋(2)

妻板一面のフレームを組み上げました。妻板部は屋根傾斜にあわせて現物あわせで角材を切り出すのに手間がかかりますが、側面で慣れていたこともあり半日の工作で何とか形になりました。三面出来ましたので仮に組んで様子を見ています。

Dscn29680001


Dscn29690001

|

« 鍛冶屋(1)  | トップページ | 鍛冶屋(3) »

コメント

今年もよろしくお願いします。

凝った造りですね。
1枚モノの合板からレーザーで抜いた骨組みと違って、手間はかかるでしょうが、すばらしいですね。
骨組みだけでも見応えがあって、外板を張るのがもったいない気もします。
先が楽しみです。

投稿: すーじぃ | 2010/01/04 20:54

すーじぃさん、こちらこそよろしくお願いします。

この建屋は開口部が大きいため室内(床板はないので室内というのか?ですが)がよく見えます。そこを意識した設計になっているのでしょう。Stoney Creek社のこだわりを感じます。ただキットには室内設備はなにもはいっていませんので調達する必要があります。手元にWestern Scale社の鍛冶屋セットがありますのでこれを使うことにしようと思っています。

投稿: Little Yoshi | 2010/01/05 05:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鍛冶屋(2):

« 鍛冶屋(1)  | トップページ | 鍛冶屋(3) »