« コンバインⅢ (その21) | トップページ | コンバインⅢ (その23) »

2010/03/29

コンバインⅢ (その22)

レタリングも解決しなくてはなりませんが、それまでに出来ることをということで電装を開始しました。この客車の台車は定番のグラントライン製で車輪はNWSL製です。台車本体はデルリン製ですので集電ブラシが必要です。絶縁を気にする必要はありませんのでフクシマの集電ブラシを2mmセルフタップネジで台車の枕梁に直接ネジ止めしました。ブラシは車軸に当てています。ということで全輪集電とはなりませんが、簡単な加工でできるので私の客車の定番の方法です。車体への引き込み部にはICソケットを使ったコネクタを付けて一応分解に備えてあります。

Dscn30360001_2

|

« コンバインⅢ (その21) | トップページ | コンバインⅢ (その23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンバインⅢ (その22):

« コンバインⅢ (その21) | トップページ | コンバインⅢ (その23) »