« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010/12/31

2011年には

今年の積み残しをまず完成させたいと思います。 ひとつは競作(?)となったフリーカブース、もうひとつは私としては大物のマリオンスティームショベル。どちらも塗装待ちですが、マリオンは下回りはほぼ分解不可能な構造なので少々気が重いとろです。

Dscn3342


Dscn3341


次に新規製作分(といっても仕掛品なのですが長期ブランクで気持ちとしてはほぼ新規)として客車を一両作ってみたいと思っています。今まで作ってきた客車はすべて合造車でしたので、ここで少し趣向を変えたくなりごく普通のコーチを狙っています。ネタはレジン製の旧Star ModelのSuper Shortyシリーズ。大分以前にくみ上げていた車体が先日工作部屋を整理していたときに発見されました。レジン製キットでいつも悩みの種となるそりもあまり目立ちませんので急に工作意欲が高まってきました。

Dscn3340


| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年作ったもの(4) WAYCAR

ネタはDSP&P(C&Sの前身)のWAYCAR。これが後年改造されてC&Sのカブースとなりました。模型はそれとは逆にGrandt Line社製のC&Sカブースのキットを先祖がえりさせました。

Dscn3335


Dscn3334


Dscn3339


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/30

今年作ったもの(3) 鍛冶屋

Stoney Creek製のキットを組んだものです。このキットもTool Shedと同様にレーザカットの基礎組みに側壁としてバスウッドを貼り付けていく構成ですがその基礎組みがひときわ凝った構造となっていて組み立てには手間がかかりました。今年はこのキットを皮切りにLine Side(線路際)物のストラクチャーを集中的に組むことになりました。

Dscn3333_2


Dscn3327


Dscn3328


Dscn3329


Dscn3330


Dscn3331


Dscn3332_01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年作ったもの(2) 合造車

着手は2006年4月なので実に4年越しで完成しました。元ねたはCarson and ColoradoというメーカーのD&RGWのコンバインの木製キットです。客室部を短くしてショーティー化してあります。ボックスレッドの車体色にしたことを今もちょっと後悔しています。

Combineall


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/29

今年作ったもの(1) Tool Shed

今年作ったものをちょっと振り返りたいと思います。ページ稼ぎでシリーズものです。まずはSierraWestのTool Shedです。レーザカットのフレームにバスウッド薄板材を貼り付けて構成した建屋にレジン・ソフトメタルパーツを組み合わせたものです。バスウッドの質感にレジンパーツの塗装をあわせるのに苦労しました。

Dscn3314_01


Dscn3315_01


Dscn3317


Dscn3319


Dscn3313_01


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/26

AM&T CABOOSE (13)

Small Caboose Challengeも大詰めですが今日は何も進捗していません。これで次にまとまった時間がとれるのは年末・年始となるので私のカブースも年越しになる公算きわめて大となりました。塗装がネックな訳ですが、同時にひとつ部品待ちという理由もあります(と言い訳)。写真でお分かりのように現状車輪はSun Juan Car Co.のオリジナルのプラ製車輪を装着していますがこのプラ製タイヤというのは走らせることを前提とすると少々問題があります。現に近頃は完成品を一生懸命リリースしているSun Juan Car自身も金属製車輪に変更しています。ということで私も金属製に交換しようということでNWSLにSun Juan製台車用交換車輪(品番:#37843-4)(Grandt用とは軸端形状が違います)を注文してあり(実に注文してから1ヶ月たっていましたが)先日発送したとの連絡がありました。

Caboose1


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/12/25

AM&T CABOOSE (12)

ブレーキホイールを片方のデッキに取り付けました。やはりデッキ幅が狭すぎたようですが、無理無理に何とか取り付けることができました。実用性はなさそうです。あと細かいところでマーカーランプ用のホルダーを取り付けました。さていよいよ残すは塗装・仕上げになってきました。

Dscn3305_02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/23

AM&T CABOOSE (11)

ブレーキホースを取り付けました。 床下の配管は省略しましたが、空制式仕様というかブレーキ空気管は貫通でもっている想定です。あとはハンドブレーキをデッキ(?)に取り付ければほぼ部品取り付けは終了です(ということにします)。次は塗装工程に進むべきところですが使用する塗料・シンナーが手持ち切れです。否応なくストップです。

Dscn3304


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/12/21

AM&T CABOOSE (10)

Grandtのカブースでは室内インテリアが別売りされています。このカブースにもそれを調達してあげれば苦労することなくフルインテリア装備ということになるのですが、新たに発注をかけるのは面倒なので手持ちの部品(以前入手して別目的で使ってしまった残り部品)を使ってキューポラまわりの目立つ部分のみの手抜き工作で良しとしました。

Dscn3301


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/12/18

AM&T CABOOSE (9)

ここのところいろいろたて込んでいたため工作がストップしていたカブースですが週末になってほんの少し前進してハンドレールを取り付けました。あまり時間があくと意気消沈となるのがいつものパターンなのですが、今回は「スモールカブースチャレンジ」(TadさんJuniorさん)と銘打った競作に(自分で参加を表明はしていないのでたぶん)招待選手として参加させていただいているおかげで前に進めることができているようです。参加者の中ではプラキット加工というもっともEasyなポジションです。

Dscn3298


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/12/04

AM&T CABOOSE (8)

もう一方のサイドドアを取り付けました。取り付け位置は左右非対称になりますが車体端に寄せました。車体センタ配置にちょっと違和感を感じたためですが人によってはこちらのほうが違和感ありありかも知れません。

Dscn3293


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/02

AM&T CABOOSE (7)

妻板の出入り口をアクセスするための登攀ルートをいろいろ考えていたのですがどうもうまいパスが見つかりません(一つ前の記事でいただいたJuniorさんからのコメント参照ください)。妻板から出っ張ったエンドビームが邪魔でうまい位置に手すりをつけるのが難しくなってしまいました。エンドビームが妻板と面一であればエンドビームに取り付けたステップを頼りに登ることはできそうですがこちらの改造は厄介です。ということで、ここは安直な路線採用でサイドドアを取り付けはじめました。側板を切り抜いてロストパーツのドアを押し込んでみました。まあいいことにしていただきましょう。

Dscn3292


| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »