« カブース「Candy」の製作(11) | トップページ | カブース「Candy」の製作(12) »

2011/02/12

BachmannのSHAYを補修

当鉄道のSHAY No.2はBachmannのOn30-SHAYを改軌したものですが、ここに来て不調そのものでした。理由はドライブシャフトに圧入された小べベルギアの軸圧入部のクラックです。このトラブルは経年変化でほぼ100パーセント発生するのではないかと思われ私の場合も4つともにクラックが入っていました。

Dscn3384_2

これは十分な肉厚が取れないプラ製ギアをローレット付のシャフトに圧入しているために発生しているようで、Bachmannに交換部品を請求しても早番同じトラブルを起こすことはほぼ確実です。そのような時、交換用ギアの製品化に熱心なNWSLより補修用金属ギアが昨年発売されすかさず入手しておきました。ギアを入手して安心してそのままにしていていたのですが、いよいよ走りがおかしくなってきたのでギア交換を実施、意外とあっけなく交換は1時間ほどで完了しました。(もっと早くやればよかった)


Dscn3385


|

« カブース「Candy」の製作(11) | トップページ | カブース「Candy」の製作(12) »

コメント

On30はじめたばかりのニワカです。
はじめましてどうぞよろしくおねがいいたします。
当方もシェイを購入したのですが、一番前の動輪が空回りするようになりました。どうもベベルギアがぶかぶかになっているようです。
そこで当方も交換を考えているのですが、どうやって交換したものか全く手順がわかりません。もしよろしければ手順をお教え願えませんでしょうか。
突然のお願い失礼いたします。

投稿: ニワカ | 2015/11/09 20:24

ニワカさん、バックマンのギアのクラックは宿命のようなものかもしれません。

交換はNWSLの交換パーツにかなり細かい説明書がついていたと思いますが手元にないにで思い出して書いてみます。、
1)台車をまず本体から外し
2)ユニバーサルジョイントを引き抜き
3)ユニバーサルジョイントとは反対側のスリーブを引き抜き
4)あとはギア・スリーブを少しずつ移動させながらシャフトを抜き
5)分解とは逆の順序でスリーブ・金属製のべべルギアを圧入していきます。

一度台車を分解してしまいますのでべべルギアはすべて交換したほうがいいと思います。遅かれ早かれクラックがはいってくると思っていたほうがよいかと。それとNWSLの説明書も一度確認してください。ひょっとすると順序がおかしいかもしれません。

投稿: Little Yoshi | 2015/11/09 20:54

ニワカさん、追加情報です。

駆動軸は台車フレームから外せます(この大事なことを忘れていました)。 ↓に細かい方法がしっかり説明されています。

http://on30annual.com/extra/on30_extra_shaygears.php

投稿: Little Yoshi | 2015/11/10 04:47

ご丁寧に本当にありがとうございます。
交換方法も記載されているのですね。
早速、NWSLの交換パーツを発注いたします。
(交換方法がわかるか不安だったのでまた発注していませんでした)

重ねて突然の質問にお答えいただき、本当にありがとうございます。

投稿: ニワカ | 2015/11/10 19:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BachmannのSHAYを補修:

« カブース「Candy」の製作(11) | トップページ | カブース「Candy」の製作(12) »