DCC

2011/12/30

NCE POWERCAB

今年最後の買い物が米国から届きました。NCEのPowerCAB。Power Unitとコントローラが一体になったNCE社のエントリーレベルのDCCコントローラですが、機能は本格的なDCCシステムと違いがありません。今までLenz製のコントローラーを使用してきましたがサポートできるファンクションが8つまででちょっと不満を感じていました。Lenzのコントローラーはアップデート可能なのですがコントローラーを送付しなければならず、それならとちょっと気になっていたNCE社製のものを買ってみました。今日のところは動作確認をしたところで終了です。

(追記) NCEのコントローラーを選択した理由のひとつにPlayable Whistleという機能がありました。これは、アナログライクに汽笛をコントロールできるというものでPFMサウンドシステムでの汽笛吹鳴と同じ感覚でいたのですがどうも雰囲気が違います。Playable Whistleをenableにすると実物とは程遠い汽笛になってしまいます。何か設定に問題があるのかも知れません。

Dscn3539_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/23

SHAY用のサウンドカムとデコーダ

今回からDCC関係の話題もこちらに書きます。落ち着きが無くて申し訳ありません。

Loggingロコ用Tsunamiと3シリンダーSHAY用の12接点カム(GME製)が届きました。DCC関係はいつもはTONYに注文するのですが今回はサウンドカムも欲しかったのでCaboose Hobbiesからまとめて購入しました。Tsunamiはその大きさから当初搭載を見送ろうとしたのですがボイラーに何とか収まりそうなのがわかりカムによる排気音同期が容易ということで採用することにしたものです。Loksoundはカムによる同期が結構厄介なんです。で、肝心のサウンドカムは25ドル弱とすばらしく高価です。3シリンダSHAYできっちり同期した音を出す必要が本当にあるのかとも思うのですがこういうところにこだわるのが趣味でしょう(と勝手な解釈)。18トン2シリンダSHAYには8接点カムをすでに取り付け済みですからあわよくば重連でタイミングのずれた排気音を楽しむことが出来るかもしれません(わくわく)。

Dscn01540001

| | コメント (0) | トラックバック (0)