Sandcar

2008/05/09

サンドカー (5)

ほぼ完成ということにします。こういう車両は小物を載せるのがたのしいのです。が、肝心のバケツが見つからず、仕方がないので飼葉おけのようなものをぶら下げてしまいました(汗)。バケツが見つかったら交換します。確かエコーさんのバケツが合あったと思ったのですが...


Image3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/06

サンドカー (4)

漸くサンドカーらしくなってきました。

ハッチはバスウッド・プラ板から、ノズルは真鍮板+真鍮パイプから作りました。珍しくナンバーも貼りこんでいます。車番の16は、参考にしているSierrawestの完成見本の番号が16であったことと在庫をあさって見つけたスィンフィルムのD&RGWの客車用のデカールに16が並んでいたという理由で決めました。バスウッドにデカールを貼る場合微調整がしにくいので一枚一枚並べるのはできるだけ避けた方がよろしいようです。

2008_050600010001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/05

サンドカー (3)

GWも終盤です。普段だと今日はちょっとブルーになるところですが今年はおまけがもう一日あります。

サンドカーこつこつと進めています。補強枠組みを取り付け要所にボルトナットを植えました。横目でみているSierrawestのキットではレジン一体成形を利してボルトナットを盛大に植えられていますがこちらは手作業です。ほどほどのところでやめました。まだハッチ・取り出し口がつけられていませんので箱を載せているだけですが個性的な車両がまた一両できそうです。

瞬間接着剤を多用しているお陰で組立てスピードは速いのですが、バスウッドの着色乾燥時間のため休み休みの工作になっています。Terrapinのメーリングリストにはこの乾燥時間の待ち時間を減らす方法として「電子レンジでチンする」という工作ヒントが紹介されていました。確かに水分を飛ばせばいい話なので電子レンジはいい手かもしれません。工作室に専用のオーブンレンジをもてればバスウッドの乾燥から焼付け塗装まで使えそうですが...

で、カーターさんの話題はもう忘却の彼方にいってしまったかも。 来週にでもBillをもう一度つついてみようかな。


Image

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/04

サンドカー (2)

没にはなっていないのですが、一進一退です(二退かな)。

サンドボックス本体が気に入らず作り直しています。大きさ・使用木材寸法を変更しました。図面を書かずに100パーセント現物あわせで作っていますのでこんなものです。色合いも変更しました。少しは色気のある模型を作りたいのですがどうも色をつけると結局うまくいきません。ちなみに没としたサンドボックスは赤茶系の色をのせていました。作り直したボックスにはいつものようにセピア+黒のインクのアルコール割りと墨汁もどきのアルコース割りを数回繰り返し染めたバスウッドを使用し板の継ぎ目を強調したかったのでエッジに黒のパステルをこすりつけてから組みました。

2008_050400020001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/03

サンドカー (1)

リペアカーの出来上がりに気をよくしてディスコネクト台車を基にしたサンドカーを作り出しました。ベースのディスコネクト台車は以前アーチバー台車から自作したものを使います。参考にしているのはSierrawestのものです。一度はSierrawestのものを発注しようとも思いましたが、レジン製のボディーは苦労することが見えていますし箱にディテールをつければなんとか形になりそうですので自作することにしました。まだ箱を組み上げた状態ですが面白そうなものが出来そうです。

Dscn22370001

| | コメント (0) | トラックバック (0)