Scrap Car

2009/08/16

そろそろ完成です

非公式側(?)にパイプラックを取り付けました。まだあっさりとしてはいますが何もないよりは良いのではと思っています。まだいろいろ遊べそうですがひとまず完成とします。

Dscn26260001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/14

原状回復+アルファー

原状回復まで進むと勢いがついて少し追加工作に入っています。アームの先端にウオータータンクの余剰パーツの滑車を付け、スクラップボックス側の端面に小デッキを追加しました。あとは非公式側(写真と反対サイドを勝手にこう呼んでいます)がさっぱりしすぎているので少しデコレーションを施そうと考えています。この類の工作は楽しくてなかなかやめられません。

Dscn26250001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/12

原状回復まであと一歩

台枠に床板を貼りこみスクラップボックス・棚・作業台を接着しました。小物はまだ置いてあるだけです。ほぼ原状回復の状態までやってきました。棚を接着するときにこれまた反っていることが判明、写真で確認できますが棚のモールドをあちこち割ることで反りをもどすという荒っぽい手を使いました。割を入れることで長手方向の収縮による反りは今後少なくなるはずです。まあこういう造作はレジンモールドでないとなかなか表現できないことは確かですが、なんとかならないものかと思います。

Dscn26240001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/10

こういうものは着々と前に進みます

オリジナルの台枠にはなかったトラスロッドを付けて下回りを少し華やかにしてみました。台車は更新前からの流用品でマクリードのWESTSIDEランバーのものにNWSL製の車輪を取り付けたものを使用しています。ブレーキが装備されていないので荷台に転がり止めを乗せてあげた方がよいかも知れません。ほぼこれで下回りは終わりです。

Dscn26230001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/08

久しぶりの木工は心地よいです

レジンの台枠が威勢良く歪んでしまったPipe & Scrap Carのオーバーホールを始めました。久しぶりのバスウッド角材細工です。2日でフレームまで組みたちました。木工細工は塗装(染色)と組み立てが同時に出来るのが魅力です。今回は上回りが少し濃い目の仕上がりになっているので角材の着色もそれに合わせました。ということで製作中のフレームです(バスウッド細工ではおなじみの図柄ですみません)。

Dscn26220001

| | コメント (0) | トラックバック (0)