Snowplow

2007/04/05

WSLCoスノープロウ(5)

一応組みあがりました。キット購入から27年もかかってしまいました。こちらのページに完成写真を掲載しました。

Dscn14440001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/04

WSLCoスノープロウ(4)

背景がごちゃごちゃした写真ですみません。SHAYのエンジン部の保護のためにプロウ部の右側に増設したウイングの裏側のパネルをつけました。実はこのパネル、実物は12枚ですが私の模型では13枚付いています。どうも元キットの設計ミスのようで12枚では収まりが悪く、そうかといって塗装して接着してしまった真鍮製のブレードを更に切断加工というわけにも行かないので仕方なくパネルを1枚増やして対応しました。事前に仮組みをしっかりしていればこういうエラーは発見できたかもしれませんが後の祭りです。

Dscn14390001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/02

WSLCoスノープロウ(3)

ウィークデーの工作は朝晩の短い時間だけになりますので1日1部品取り付けといった具合ですがプロウ部の小部品取り付けを進めています。

Dscn14360001

ついでにもう一枚。私のお気に入りの角度の写真です。

Dscn14370001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/01

WSLCoスノープロウ(2)

プロウブレードの裏側の梁・プロウ支えを取り付けました。久しぶりの真鍮細工です。思えばこの部分のハードルが高いためこのキットを長らく寝かせてきました。現物あわせの工作も多く苦労はしましたが作り始めて見れば1日で形になりました。多少のゆがみもあるのですがこれで良しとします。

Dscn14310001

追記

真鍮生地のままにしておいてそのままお蔵入りになってしまうと次は「何時」ということになりますので、早々に塗装してしまいました。いつものトピカで艶消し黒で全体を塗装してからブレードの裏側にフロッキルのオキサイドレッドを吹き付けました。乾燥を待って本体に取り付けた後小部品をつけていきます。

Dscn14330001

さらに追記。 本体に取り付けました。

Dscn14350001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/31

WSLCoスノープロウ(1)

一度私の掲示板でちょっと顔を出したことがありますWestside Lumberの有名なスノープロウNo.2です。もとはDurango Press製のキットで27年前に購入しました。購入当初は私の腕ではとても無理とお蔵入りとなっていました。

キットはバスウッド・ホワイトメタル・紙で構成されています。ウエイトを稼ぐための水タンクやプロウブレードをプレスボードで作るようになっていますが、この紙というのが曲者、で私の腕ではとても旨くいくとは思えませんでしたのでまず水タンクをプラ板細工で作り直しました。厚いプラ板でタンクの芯を作りそのうえに友人から無償貸与されているリベッティングマシンでリベットを打ち出した0.25mm厚のプラ板を貼り付けました。ここまで出来た状態で2年以上経過し本日漸くプロウブレードを0.3mm真鍮板から切り出しました。

Dscn14280001


| | コメント (2) | トラックバック (0)